確定申告

                税務課市民税係 0164-56-5004(内線:262・263・264)  

令和元年分所得税の確定申告につきまして、市役所での受付は終了いたしました。
以降、確定申告についての相談は留萌税務署(0164-42-0661)までお問い合わせください。

申告期間(終了いたしました)

留萌市役所:2月17日(月)~4月16日(木)
      ※土・日曜日・祝日を除く
 受付時間 午前9:00~11:30
      午後13:00~16:00
 

申告に必要なもの

1.マイナンバーが分かる書類および本人確認書類
2.印鑑
3.所得の明細書(給与や年金の場合は源泉徴収票、事業収入がある場合は収支内訳書など)
4.社会保険料(国民健康保険税、後期高齢者医療保険料、介護保険料など)の領収書
5.国民年金保険料の控除証明書
6.生命保険・地震保険・旧長期損害保険の控除証明書
7.障害者控除を受ける方は、障害者手帳や障害者控除対象者認定書など
8.医療費の領収書、または医療費控除の明細書やセルフメディケーション税制の明細書および
 一定の取組を行ったことを明らかにする書類
9.申告する本人名義の口座のわかるもの

※3.4.5.6.8.は令和1年中に支払ったものが対象です。

申告が不要な方

1.税務署で確定申告を行う方
2.年末調整を行った給与以外に収入がなく、給与支払報告書の提出がある方
 ※提出の有無は勤務先にご確認ください。
3.課税される収入のない方
 ※課税収入がない方でも、所得課税証明書の発行や国民年金免除申請、国民健康保険税の
  軽減判定などを行う場合に申告が必要です。
4.公的年金等の収入金額の合計金額が400万円以下で、公的年金等にかかる雑所得以外の
 所得金額が20万円以下の方は所得税の確定申告は不要です。
 ※ただし、所得税の還付を受けられる方や、確定申告書を提出することが要件と
  されている特例(株式等の損失の翌年以降への繰越しなど)を受けられる方は、
  確定申告書の提出が必要です。
 ※公的年金以外に所得のある場合は住民税の申告が必要です。
 

医療費控除の提出書類の簡略化

令和1年中に支払った医療費にかかる医療費控除を受ける場合には、「医療費控除の明細書」
を提出することにより、「医療費の領収書」の提出または提示が不要となります。

※医療費控除の明細書には、医療を受けた方の氏名、病院・薬局などの支払先の名称、医療費
の区分、支払った医療費の額、生命保険や社会保険などで補填される金額を記入してください。
※明細書の記入内容を確認するため、領収書の提示または提出を求められる場合がありますの
で、確定申告期限から5年間はご自宅で保管してください。
※令和2年分の確定申告から「医療費控除の明細書」の提出が義務化となります。

 

住宅借入金特別控除の改正

個人が消費税率10%が適用される住宅を取得し、令和元年10月1日から令和2年12月31日までの間に居住した場合、住宅借入金等特別控除の控除期間が改正前の10年間から13年間に3年間延長されます。
 
このページに関するお問い合わせ

総務部 税務課 市民税係
〒077-8601 北海道留萌市幸町1丁目11番地 本庁舎1階
電話番号:0164-56-5004
FAX番号:0164-43-8778

お問い合わせは専用フォームをご利用ください
より良い市ホームページにするために、ページのご感想をお聞かせください

このページに問題点はありましたか?(複数回答可)


その他、このページについてご意見がございましたらご記入ください。

ご注意
1. こちらはお問い合わせ用のフォームではありません。
2. 業務に関するお問い合わせやご意見は、「このページに関するお問い合わせ」欄に記載の部署へお願いいたします。 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。