老齢基礎年金について

受給資格期間

老齢基礎年金を受給するためには、25年(300月)以上の受給資格期間が必要です。受給資格期間とは、次の期間をあわせた期間です。
 
  • 国民年金の保険料を納めた(一部納付を含)期間
  • 国民年金の保険料の免除を受けた期間
  • 第2号被保険者期間
  • 第3号被保険者期間
  • 学生納付特例期間
  • 若年者納付猶予期間
  • 任意加入しなかった期間

60歳になるまでに受給資格期間が不足する場合は、60歳から65歳になるまで任意加入をして資格期間を満たすことができます。なお、昭和40年4月1日以前に生まれた人で65歳を過ぎても受給資格期間が不足する人は、資格期間を満たすまで最長70歳まで任意加入することができます。

老齢基礎年金額の計算

老齢基礎年金額は、780,100円(年額)です。これは20歳から60歳になるまでの40年間保険料を納めた場合の満額で、納付期間が40年に満たない時は減額されます。
計算式は次のとおりです。

計算

※分子の( )内は、平成21年3月までに免除・一部納付の承認を受けた期間に対する率
☆加入可能年数とは、国民年金制度が始まった昭和36年4月に、既に20歳以上になっていた人は、60歳になるまで保険料を納めても40年にならないことから、次の表のように生年月日に応じ決められた年数のことです。この年数分の保険料を納めれば、満額の老齢基礎年金が受けられることになっております。

加入可能年数例
生年月日 加入可能年数
昭和13年4月2日~昭和14年4月1日 37年
昭和14年4月2日~昭和15年4月1日 38年
昭和15年4月2日~昭和16年4月1日 39年
和16年4月2日~ 40年

繰上げ・繰下げ支給

老齢基礎年金は、原則65歳からの受給ですが希望すれば60歳から65歳になるまでの間、減額された年金を受けたり(繰上げ支給)、66歳以降に増額された年金を受けたり(繰下げ支給)することができます。

早くもらう「繰上げ支給」

60歳から65歳になるまでの間で、請求した時の月単位の年齢によって減額率が決まります。
 
減額率
0.5% × 繰上げ請求月から65歳になる月の前月までの月数

※ 一度決めた減額率は、一生変更できません。
請求時の年齢 請求時から65歳になる
月の前月までの月数
減額率
60歳0か月
~60歳11か月
60月~49月 30.0%~24.5%
61歳0か月
~61歳11か月
48月~37月 24.0%~18.5%
62歳0か月
~62歳11か月
36月~25月 18.0%~12.5%
63歳0か月
~63歳11か月
24月~13月 12.0%~6.5%
64歳0か月
~64歳11か月
12月~1月 6.0%~0.5%

後でもらう「繰下げ支給」

66歳以降で請求した時の月単位の年齢によって増額率が決まります。
 
増額率
0.7%×65歳になった月から繰下げを申し出た前月までの月数

※ 一度決めた増額率は、一生変更できません。
※ 昭和16年4月1日以前に生まれた方は、算出式が異なります。
年単位の増加率となりますので、別途ご確認願います。
申出時の年齢 65歳になった月から申
出月の前月までの月数
増額率
66歳0か月
~66歳11か月
12月~23月 108.4%~116.1%
67歳0か月
~67歳11か月
24月~35月 116.8%~124.5%
68歳0か月
~68歳11か月
36月~47月 125.2%~132.9%
69歳0か月
~69歳11か月
48月~59月 133.6%~141.3%
70歳0か月~ 60月~ 142.0%
このページに関するお問い合わせ

市民健康部 市民課
〒077-8601 北海道留萌市幸町1丁目11番地 本庁舎1階
電話番号:(戸籍住民係・保険給付係)0164-42-1805/(市民相談)0164-56-5003

お問い合わせは専用フォームをご利用ください
より良い市ホームページにするために、ページのご感想をお聞かせください

このページに問題点はありましたか?(複数回答可)


その他、このページについてご意見がございましたらご記入ください。

ご注意
1. こちらはお問い合わせ用のフォームではありません。
2. 業務に関するお問い合わせやご意見は、「このページに関するお問い合わせ」欄に記載の部署へお願いいたします。 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。