国民健康保険 療養費

療養の給付

病気やケガで医療機関を受診するときに保険証を提示すると、保険負担額(医療費の7~8割)が国民健康保険に請求され、残りの自己負担額(医療費の2~3割)を窓口でご負担いただきます。
※保険適用とならない医療費は全額自己負担となります。
交通事故や傷害、労災など第三者の行為による負傷は保険適用になりません。保険証を使用した場合、法律の規定により市が損害賠償請求権を取得するため、速やかにご連絡ください。交通事故にあったとき
義務教育就学前の子ども 医療費の自己負担2割
※留萌市では、中学生以下の自己負担額を全額助成しています。
乳幼児等医療費助成
70~74歳の高齢者 【現役並み所得者の方】医療費の自己負担3割
【一般所得者・低所得者の方】医療費の自己負担2割
※75歳になる当日から後期高齢者医療制度に移行します。
その他の方 医療費の自己負担3割

療養費(治療)

緊急その他やむを得ない理由により保険証を提示せずに医療機関を受診したとき、柔道整復師、はり・きゅう、マッサージ等の治療(保険適用に限る)を受けたときは、申請により療養費が支給されます。
※医師が同意した場合に限り保険適用となります。
※医療機関の受診後に国民健康保険に加入した場合の払い戻しは、正当な理由が必要です。

1.保険証提示なしでの治療(精算払い)
【申請窓口】
市役所1階2番窓口
【申請手続きに必要なもの】
(1)医療機関の領収書
(2)診療報酬明細書(レセプト)
※医療機関に発行を依頼してください。
(3)受診者の国民健康保険証
(4)世帯主と受診者のマイナンバー(個人番号)がわかるもの
(5)世帯主の印鑑
(6)世帯主名義の預金口座がわかるもの

2.柔道整復師、はり・きゅう、マッサージ等による治療(受領委任払い)
(1)療養費支給申請書
※施術所で記入します。内容をよく確認したうえで署名してください。

療養費(補装具)

コルセット等の治療用装具を作成したときは、申請により療養費が支給されます。
※医師が同意した場合に限り保険適用となります。

【申請窓口】
市役所1階2番窓口
【申請手続きに必要なもの】
(1)補装具の領収書
(2)医師の証明書(指示書)
(3)受診者の国民健康保険証
(4)世帯主と受診者のマイナンバー(個人番号)がわかるもの
(5)世帯主の印鑑
(6)世帯主の預金口座がわかるもの

海外療養費

海外渡航中に病気やケガの治療を受けたときは、申請により療養費が支給されます。
※治療目的で海外を訪れた場合は、療養費の支給対象になりません。
※海外で保険適用の治療であっても、日本で保険適用外の治療であれば療養費の支給対象になりません。

【申請窓口】
市役所1階2番窓口(申請の前にお問い合わせください)
【申請手続きに必要なもの】
(1)診療内容明細書(fromA様式)
(2)領収明細書(fromB様式)
※1医療機関、1ヵ月ごとの作成が必要です。
(3)医療機関の領収書
(4)受診者の国民健康保険証
(5)世帯主と受診者のマイナンバー(個人番号)がわかるもの
(6)世帯主の印鑑
(7)世帯主名義の預金口座がわかるもの
このページに関するお問い合わせ

市民健康部 市民課 保険給付係
〒077-8601 北海道留萌市幸町1丁目11番地 本庁舎1階
電話番号:0164-42-1805

お問い合わせは専用フォームをご利用ください
より良い市ホームページにするために、ページのご感想をお聞かせください

このページに問題点はありましたか?(複数回答可)


その他、このページについてご意見がございましたらご記入ください。

ご注意
1. こちらはお問い合わせ用のフォームではありません。
2. 業務に関するお問い合わせやご意見は、「このページに関するお問い合わせ」欄に記載の部署へお願いいたします。 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。