留萌市のあゆみ

留萌市のあゆみ
1596
1614
慶長年間 ルルモッペ場所開設される。
1634 寛永11年 松前景広、ルルモッペ場所の知行主となる。
1855 安政2年 ルルモッペ場所を含む西蝦夷が幕府の直轄となる。
同地域を秋田藩の護衛地とする。
1867 慶応2年 ルルモッペ場所は箱舘奉行の直轄となる。
明治
1869 明治2年 ルルモッペを留萌(るもえ)と命名する。
留萌地方は山口藩支配とする。
1871 明治4年 栖原家、漁業経営を始める。
1872 明治5年 宗谷支庁留萌出張所(現留萌支庁)が設置される。
1874 明治7年 留萌郡戸長役場が設置される。
1875 明治8年 留萌郡浦役場が設置される。留萌郵便局が設置される。
1877 明治10年 戸長役場を川北に建造する。(開基とする)
1878 明治11年 開拓使留萌測候所が設置される。
1880 明治13年 留萌外5郡役場を開庁。
留萌小学校を開校する。
1887 明治20年 留萌警察署を設置する。
英人C.S.メーク港湾調査のため来村する。
1889 明治22年 定期航路樺戸丸、飛竜丸が入港。
1900 明治33年 戸長役場を現在の位置に開設する。
1901 明治34年 留萌~妹背牛間の道路が開通する。
1902 明治35年 留萌村(礼受村合併)に北海道2級町村制が施行される。
戸長役場を村役場と改称する。
1904 明治37年 五十嵐億太郎が道会議員に当選する。
1907 明治40年 留萌~深川間の鉄道工事が始まる。
留萌村に1級村制を施行。(三泊村合併)
1908 明治41年 6月町制施行、留萌町となる。
1910 明治43年 留萌港築港工事に着手する。
留萌~深川間の鉄道が開通する。
大正
1914 大正3年 増毛支庁を留萌町に移し、留萌支庁と称する。
1921 大正10年 留萌~増毛間に鉄道が開通する。
1923 大正12年 留萌川切り替え工事が完了する。
1924 大正13年 道庁立留萌中学校が開校する。
昭和
1927 昭和2年 留萌~鬼鹿の鉄道が開通する。
1931 昭和6年 留萌港築港工事が完了する。
1932 昭和7年 留萌~羽幌間の鉄道が開通する。
1934 昭和9年 町立留萌病院を設置する。
1936 昭和11年 留萌港が国際貿易に指定される。
1939 昭和14年 人造石油工場が研究所を設置する。
1942 昭和17年 天塩炭鉱鉄道の留萌~達布間が開通する。
1945 昭和20年 留萌沖で樺太引揚船3隻が撃沈される。
1947 昭和22年 市制施行、留萌町が留萌市になる。
初代市長に原田太八が就任。
1948 昭和23年 第1回商工港まつり始まる。
道立留萌高等学校が開校する。
1952 昭和27年 留萌港が重要港湾に指定される。
1953 昭和28年 自衛隊(第26普通科連隊)が駐屯する。
1958 昭和33年 元町大火事がある(252戸灰燼)
1959 昭和34年 大和田炭礦(株)閉山。
1961 昭和36年 留萌~札幌間に急行“るもい号”が運行する。
1963 昭和38年 留萌~旭川間に準急“るもい号”が運行する。
1964 昭和39年 留萌市の市章を制定する。
1967 昭和42年 開基90年、市制施行20周年記念事業を行う。
1968 昭和43年 市立病院を新築する。留萌市旗を制定する。
1969 昭和44年 花園地区区画整備事業完工する。
留萌小学校全焼する。
1970 昭和45年 へいんず三泊沖で座礁する。
1971 昭和46年 留萌高校甲子園に出場する。
1973 昭和48年 市民憲章が制定される。
1975 昭和50年 東光小学校新校舎が完成する。
1977 昭和52年 第1回冬まつりが開催される。
開基100年、市制施行30周年記念式典が行われる。
1978 昭和53年 106mm豪雨が襲う。
被害額1億200万円、床上浸水65、床下浸水215世帯。
若松選手(ヤクルト)に市民栄誉賞を贈る。
1979 昭和54年 沈没船泰東丸の捜索を開始する。
1980 昭和55年 留萌地方合同庁舎完成。
1981 昭和56年 海洋エネルギー調査地の指定を受ける。
1982 昭和57年 沖見小学校が開校する。
黄金岬で海洋資源開発ボーリングを実施。
留萌中学校火災に遭う。
1983 昭和58年 水産加工総合管理センター完成する。
市議会議員定数28となる。
中幌分校が閉校となる。
1984 昭和59年 第1回やん衆どすこほい(冬まつり)が開かれる。
平和都市を宣言する。
海洋実験構造物の取付工事開始。
泰東丸調査を打ち切る。
1985 昭和60年 留萌中学校新校舎完成。
市民憲章シンボルマーク制定。
史上最低気温-34.8℃を記録する。
「留萌文化史」発刊される。
1986 昭和61年 黄金岬海浜公園が完成。
1987 昭和62年 国鉄羽幌線廃止。
市議会議員定数26となる。
1988 昭和63年 8月豪雨により被害(8月24日から27日までの大雨)
被害総額61億7,913万円、床上浸水1,270棟、
床下浸水2,106棟
平成
1989 平成元年 留萌市峠下小学校閉校。
るるもっぺ憩いの森完成。
海のふるさと館完成。
留萌ダム着工。
留萌~深川間高規格道路の着工決まる。
留萌コースタルコミュニティーゾーン 整備計画(CCZ計画)が
建設省の認定を受ける。
第44回はまなす国体秋季大会開催(ゲートボール)
1990 平成2年 市立留萌図書館完成する。
黄金岬ライトアップ完成する。
1991 平成3年 留萌橋完成。
1992 平成4年 樽真布小学校閉校。
樽真布中学校閉校。
下水道併用開始。
古丹浜にマイナス10メートル岸壁完成。
浜中運動公園工事完了。
陸上競技場など、1大スポーツパークが誕生。
1993 平成5年 るるもっぺ憩いの森、道の鳥獣保護区設定。
カナダコートニ市の高校と留萌高校友好校の提携。
寿児童センター・ふれあいセンター完成。
1994 平成6年 るるもっぺ憩いの森、「小鳥がさえずる森づくり運動」で環境庁長官賞を受賞
留萌地域人材センター「パワスポ留萌」オープン。
スパイクタイヤ使用禁止地域に指定。
1995 平成7年 市議会議員定数24となる。
藤山のごみ処理施設『美・サイクル館』着工
「留萌のニシン漁撈」(旧佐賀家漁場)用具 が
国の重要有形民俗文化財に指定される。
マサリベツ望洋の森完成する。
1996 平成8年 留萌港フェリー就航促進期成会設立
「旧佐賀家漁場」国指定の史跡となる。
ルルモッペ大橋完成。
インフォメーションプラザオープン。
新長期総合計画基本草案できる。
市立総合病院移転改築決定。
1997 平成9年 40年ぶりのニシン漁で留萌港に活気。
開基120年・市制施行50年・開港60年記念事業が行われる。
五十嵐町公営住宅(健康・福祉住宅シルバ-ハウジング)完成。
1998 平成10年 留萌初のオリンピック選手誕生(武山香里さん、大高友美さん)
資源循環型処理施設「美・サイクル館」 稼働。
るるもっぺ憩いの森、緑化推進運動功績で内閣総理大臣賞を受賞。
市民栄誉賞受賞者・若松勉さんがプロ野球ヤクルトスワロ-ズ監督に就任。
留萌本線に24年振りにSL走る。
1999 平成11年 市議会議員定数22となる。
第1回「萌っこ春待里」開催。
45年ぶりのニシン群来。
保健福祉センター「はーとふる」オープン。
風力発電施設(礼受4基)完成。
2000 平成12年 留萌市過疎地域に指定。
留萌高校商業科閉校。
留萌高校新校舎完成。
家庭系ごみ処理手数料有料化。
留萌市情報公開条例施行。
留萌市個人情報保護条例施行。
2001 平成13年 佐賀番屋が北海道遺産として認証。
北光中学校新校舎完成。
留萌市立病院移転完成。
温水プール「ぷるも」オープン。
風力発電施設4基増設で10基になる。
留萌市出身若松監督ヤクルトスワローズ優勝日本一になる。
2002 平成14年 藤山小学校閉校。
大高友美選手長野冬季オリンピックに続きソルトレークオリンピックに
出場(2回目)。
留萌・小平農業協同組合合併で南るもい農業協同組合誕生。
留萌・小平漁業協同組合合併で新星マリン漁業協同組合誕生。
2003 平成15年 市議会議員定数20となる。
新留萌市史発刊。
都市計画マスタープラン完成。
留萌南部三市町任意合併協議会設置。
2004 平成16年 新火葬場「やすらぎ聖苑」オープン。
FMもえる開局。
台風18号直撃。被害総額5億5,761万円、最大瞬間風速43.9メートル。
2005 平成17年 財政再建計画策定。
「バイオマスタウン構想」第1号認定。
公共施設でアスベスト検出。
2006 平成18年 深川留萌自動車道 留萌幌糠インターチェンジ開通。
礼受小学校閉校。
留萌市23年ぶりの赤字決算。
2007 平成19年 開基130年・市制施行60年・開港70年記念事業が行われる。
市議会議員定数16となる。
船場公園一部供用開始(パークゴルフ場・ドッグラン)。
幌糠中学校閉校。
留萌市自治基本条例施行。
2008 平成20年 緑丘小学校開校50周年を迎える。
地上デジタル放送が開始。
黄金岬で海難事故発生(2名亡くなる)。
2009 平成21年 新・留萌市財政健全化計画策定。
るもい健康の駅オープン。
若松勉氏が北海道初の野球殿堂入り。
2010 平成22年 留萌ダム供用開始。
JR留萌本線が開業100周年を迎える。
北海道留萌支庁が北海道留萌振興局となる。
2011 平成23年 三泊小学校閉校。
道道留萌小平線「萌平トンネル」開通。
東雲診療所開設。
2012 平成24年 レトロバス「カズモ号」運行。
2013 平成25年 大雪により、JRの運休が続く。市内循環バスも運休が続き、災害対策便が運行。
深川留萌自動車道 留萌大和田IC開通。
沖見小学校閉校。
留萌市、増毛町、小平町によるごみの共同処理が開始。
札幌医科大学と留萌市が連携協定を締結。
2014 平成26年 幌糠小学校閉校。
留萌市議会基本条例施行。
国道231号留萌拡幅事業完了。
留萌小学校新校舎完成。
2015 平成27年 留萌青年会議所が地域振興政策コンテストでグランプリ受賞(音楽合宿誘致)
留萌小学校新校舎落成式
2016 平成28年 JR留萌本線(留萌・増毛間)鉄道事業廃止
船場公園全面供用開始
かずの子条例制定
留萌消防組合庁舎完成
このページに関するお問い合わせ

地域振興部 政策調整課
〒077-8601 北海道留萌市幸町1丁目11番地 本庁舎2階
電話番号:0164-42-1809
FAX番号:0164-43-8778

お問い合わせは専用フォームをご利用ください
より良い市ホームページにするために、ページのご感想をお聞かせください

このページに問題点はありましたか?(複数回答可)


その他、このページについてご意見がございましたらご記入ください。

ご注意
1. こちらはお問い合わせ用のフォームではありません。
2. 業務に関するお問い合わせやご意見は、「このページに関するお問い合わせ」欄に記載の部署へお願いいたします。 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。