新型コロナワクチン接種についてのお知らせ

  • 印刷
  • 更新日 令和3年2月21日

接種対象者と接種順位 | ◆接種を受けるための手続き
接種が受けられる時期 | ◆ワクチンの効果と副反応のリスクについて
接種の回数      | ◆副反応が起きた場合の健康被害救済制度
接種にかかる費用   | ◆ワクチン接種に関する相談窓口
接種を受けられる場所 | ◆国からの最新情報
 

新型コロナワクチン接種に向けた体制の整備を進めています

  • 今回の新型コロナウイルスの予防接種は、国からの指示のもと、北海道の協力により、留萌市において実施するものです。
  • 留萌市では、国において2月14日にファイザー社製のコロナワクチンが承認されたことを受け、市民の皆様が安心して速やかに接種が実施できるよう接種の準備を進めています。
  • 迅速なコロナワクチン接種の実現や当初供給されるファイザー社製のワクチンの特性から、より多くの市民の皆さんが安全に安心して短期間で集中的な接種が行える「集団予防接種(※)」を先行して実施する予定です。
 
※ 一般的なかかりつけ医などの医療機関で予防接種を受ける「個別予防接種」に対し、区市町村が日時等を指定した会場で予防接種を受けることを「集団予防接種」といいます。
 

接種対象者と接種順位

  • コロナワクチンの接種対象は16歳以上の方です。
  • 大量のコロナワクチンは徐々に供給が行われることになりますので、一定の接種順位を決めて接種が進みます。

(1)医療従事者等
(2)65歳以上の高齢者(昭和32年4月1日以前に生まれた方)
(3)65歳未満の基礎疾患を有する方、高齢者施設等で従事されている方
(4)1~3以外の方
 
※(1)と(3)のそれぞれの範囲については、こちらをご確認ください。
※ 医療従事者等への接種についての情報はこちらをご覧ください。
※ 妊娠を考えている方や妊娠中の方、授乳中の方、新型コロナウイルスに感染したことがある方も、ワクチンを受けることができます。詳しくはこちらをご覧ください。
 

接種が受けられる時期

  • 接種を行う期間は、令和3年2月17日から令和4年2月末までの予定です。
  • 最初は、医療従事者等への接種が順次行われます。
  • その後、高齢者、基礎疾患を有する方等の順に接種を進めていき、高齢者への接種の開始は、早くても4月1日以降になる見込みです。
  • ただし、ワクチンの供給体制(供給スケジュール、供給量)や医療従事者の接種状況により接種時期が変わります。
 
※ 接種時期が確定しましたら、個別に通知を郵送するとともに、ホームページなどで情報を提供いたします。
 

接種の回数

  • 同じ製薬会社のワクチンを1人2回の接種します。
  • ファイザー社のワクチンでは、通常、1回目の接種から3週間後に2回目の接種を受けます。
  • 1回目から3週間を超えた場合には、できるだけ早く2回目の接種を受けてください。

接種にかかる費用

  • コロナワクチンの接種費用は、国が全額負担しますので無料です。
 
コロナワクチンに便乗した詐欺にご注意ください!
 

接種を受けられる場所

  • 留萌市の集団接種会場は、「保健福祉センターはーとふる」を予定しています。
  • その他接種会場は、決まり次第さまざまな方法で市民の皆様にお知らせします。
 
※ 原則として、住民票所在地の市町村(住所地)の医療機関や接種会場で接種を受けていただきます。
※ 医療従事者等の方等の接種場所については、勤務先からお知らせする予定です。
※ 次のような事情のある方は、住所地以外でワクチンを受けていただくことができる見込みです。具体的な手続きは、今後案内します。
 1)入院・入所中の住所地以外の医療機関や施設でワクチンを受ける方
 2)基礎疾患で治療中の医療機関でワクチンを受ける方
 3)お住まいが住所地と異なる方
 

接種を受けるための手続き

  • 次のような方法で接種を受けることになります。
 
(1)接種の時期より前に、市町村から「接種券」と「新型コロナワクチン接種のお知らせ」が届きます。
(2)ご自身が接種可能な時期が来たことをご確認ください。
(3)ワクチンを受けることができる医療機関や接種会場をお探しください。
  なお、留萌市の集団接種会場は、「保健福祉センターはーとふる」です。
(4)電話やインターネットで予約をしてください。
(5)ワクチンを受ける際には、市町村より郵送される「接種券」と「本人確認書類(運転免許証、健康保険証など)」を必ずお持ちになってください。
 
※ 医療従事者等の方は、一般の方より先に接種が始まります。
※ すでにワクチンを受けた医療従事者等の方にも市町村から接種券が送付されますが、そちらは使用しないでください。
※ 医療従事者等の方の接種方法については、勤務先を通じてお知らせする予定です。

ワクチンの効果と副反応のリスクについて

ワクチンの効果

  • ワクチンを接種することにより、新型コロナウイルス感染症の重症化や、発熱やせきなどの症状が出ること(発症)を予防するだけでなく、社会全体で流行することを防ぐことが期待されます。
  • 日本で最初に薬事承認されたファイザー社のワクチンの臨床試験の結果では、95%の発症予防の効果があったとされています。
 
※ ワクチンごとの情報は、こちらをご覧ください。

副反応のリスク

  • ワクチンを接種すると、接種した部位の腫れや痛み、発熱、頭痛などの症状が起きる場合があり、これを副反応といいます。
 
※ ワクチンの有効性、安全性については、こちらをご覧ください。
 

接種を受ける際の同意

  • ワクチン接種は、受ける方の同意なく、接種が行われることはありません。
  • 予防接種を受ける方には、予防接種による感染症予防の効果と副反応のリスクの双方について理解した上で、自らの意志で接種を受けていただきます。
 
※ 新型コロナワクチンについてのQ&Aは、こちらをご覧ください。
 

副反応が起きた場合の健康被害救済制度

  • 一般的に、ワクチン接種では、副反応による健康被害(病気になったり障害が残ったりすること)が、極めて稀ではあるものの避けることができないことから、救済制度が設けられています。
  • 救済制度では、予防接種によって健康被害が生じ、医療機関での治療が必要になったり、障害が残ったりした場合に、予防接種法に基づく救済(医療費・障害年金等の給付)が受けられます。
  • 新型コロナワクチンの接種についても、健康被害が生じた場合には、予防接種法に基づく救済を受けることができます。
 
※ 現在の救済制度の内容については、こちらをご参照ください。
 

ワクチン接種に関する相談窓口

  • コロナワクチン接種に関する相談窓口となる「新型コロナワクチン接種案内センター」の開設(令和3年3月中旬)を準備しています。
 
※ 厚生労働省の「新型コロナウイルスワクチンコールセンター」に関する情報は、こちらをご覧ください。

国からの最新情報など

  • 新型コロナワクチン接種に関する国からの最新情報やQ&Aは、以下のページをご覧ください。

(外部リンク)厚生労働省ホームページ
(外部リンク)首相官邸ホームページ
このページに関するお問い合わせ

市民健康部 保健医療課 保健医療係
〒077-0023 北海道留萌市五十嵐町1丁目1番10号 保健福祉センターはーとふる
電話番号:0164-49-6050
FAX番号:0164-49-2822

お問い合わせは専用フォームをご利用ください
より良い市ホームページにするために、ページのご感想をお聞かせください

このページに問題点はありましたか?(複数回答可)


その他、このページについてご意見がございましたらご記入ください。

ご注意
1. こちらはお問い合わせ用のフォームではありません。
2. 業務に関するお問い合わせやご意見は、「このページに関するお問い合わせ」欄に記載の部署へお願いいたします。 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。